ソフト名 チャートの枠を消すインジケーター「320_WakuNasi」
概要 MT4のチャートウィンドウのキャプション(タイトル)と枠を一気に消すインジケーター
登録名 320_WakuNasi.zip
圧縮形式 ZIP
作成者 さいとさんにぃまる
ホームページ 最新版のダウンロードや他のソフトについては当サイトのトップページをご覧ください。
ご意見、ご質問、不具合等については掲示板にて受け付けています。
動作環境 Windows (WindowsのDLL「user32.dll」を使用するので他のOSでは動作しないと思います)
MetaTrader Version:4.00 (MT4)
最終更新日 2017/09/16
バージョン 1.01
種別 フリーソフト

使用許諾および免責事項

ソフトウェアをご使用される場合、以下の使用許諾および免責事項に対してご了承いただけたものとします。

ソフトウェアの説明

MT4を使っていて、表示するチャートが増えてくるとチャートの上にあるキャプション(タイトル)や周りの枠をどうにかしたくなってきます。

当インジケーターを挿入するとキャプションや枠を消す(非表示にする)ことができます。
しかも、どれか1つのチャートに挿入するとすべてのチャートのキャプションや枠を一気に消します。
また、MT4を再起動しても消えたままです。スクリプトのように毎回挿入する必要はありません。
「チャートの組表示」でチャートの組を変更したときも同様に消える設定は残ります。

画面イメージ(インジケーターを挿入する直前、赤枠が消える前のキャプションや枠)
320_WakuNasi挿入前

画面イメージ(インジケーターを挿入した直後、キャプションと枠が消えている)
320_WakuNasi挿入後


導入方法(インストール)

ダウンロードしたZIPファイルを適当なフォルダに展開(解凍)後、通常のインジケーターと同様にMT4に導入してください。

  1. MT4のメニュー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする。
  2. エクスプローラーが表示されたら「MQL4」フォルダ内にある「Indicators」フォルダに当インジケーター「320_WakuNasi.mq4」をコピーする。
  3. MT4のナビゲーターウィンドウで右クリックして「更新」をクリックする。またはMT4を再起動する。
  4. ナビゲーターウィンドウに当インジケーターが表示されたらチャートに挿入する。
    インジケーターをチャートに挿入する際は「DLLの使用を許可する」にチェックを入れてください。
  5. 必要に応じてパラメーターを変更する。

補足:ZIPファイルは当サイトのトップページVectorの作者ページからダウンロードできます。


削除方法(アンインストール)

通常のインジケーターと同様にMT4から削除してください。

  1. チャートから当インジケーターを削除する。
  2. MT4のメニュー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする。
  3. エクスプローラーが表示されたら「MQL4」フォルダ→「Indicators」フォルダ内の「320_WakuNasi.ex4」や「320_WakuNasi.mq4」を削除する。
  4. MT4のナビゲーターウィンドウで右クリックして「更新」をクリックする。またはMT4を再起動する。

パラメーターの説明

Custom Indicatorの「パラメーターの入力」の画面イメージ
パラメーターの入力画面

補足:「■」で始まる項目について
当サイトのインジケーターではパラメーターの仕切りとして使用したり、コメント(注記など)を記載するために使用しています。なので値を変更しても何も変わりません。
当インジケーターはDLLの使用を許可する必要があるので忘れないように記載しているだけです。
表示切り替え待ち時間(秒)

インジケーターを挿入してから何秒後にキャプションや枠を消すか指定します。
値は「1」以上を指定してください。「0」は不可です。

当インジケーターは処理を行うタイミングで表示されているチャート(ウィンドウ)に対してキャプションや枠を消します。そのため、条件(MT4を起動した直後に多くのチャートを開くなど)によっては一部のチャートのキャプションや枠が消えない可能性もあり得ます。その場合は状況に応じて待ち時間を長くしてください。

キャプションを消す(=true)

チャート(ウィンドウ)のキャプションを消すか指定します。「true」にすると消します。

当然ですが、キャプションを消すとマウスを使ってウィンドウを移動させることはできません。
同様にキャプションにあるボタン(最大化など)も押せません。
ただし、MDI(子ウィンドウ)のシステムメニューは「Alt」キーと「-(ハイフン)」を同時に押すことで表示できますので、キーボードを使えば移動などの操作は可能です。

枠を消す(=true)

チャート(ウィンドウ)の枠を消すか指定します。「true」にすると消します。

枠を消すとウィンドウサイズを変更することはできません。
ウィンドウの属性を変えたのでシステムメニューを表示しても変更できません。


インジケーターを挿入するタイミングについて

キャプションや枠を消すとウィンドウの移動が面倒で、サイズは変更もできません。
なので、すべてのチャートのウィンドウを並べ終えたあとが良いと思います。
MT4のメニューの「ウィンドウ」から「ウィンドウの整列」を使うのも良いですが、私はスクリプト「TileMan[sc].mq4」を使用しています。(faiさんに感謝です)


更新履歴

日付 バージョン 内容
2017/08/21 1.00 初リリース
2017/09/16 1.01 同じチャートが複数ある場合、2つ目以降のチャートに対しては処理が行われないという不具合に対応しました。
例えば「USD/JPYの1時間足」のチャートが2つ表示されている場合(普通は同じチャートを複数表示することは無いと思いますが…)、1つ目のチャートのキャプションや枠は消えるが、2つ目は消えずにそのままになっていました。