スプレッド一覧を表示するインジケーター「320_SpreadList」


このインジケーターは実際に発生したスプレッドの値とその回数(および率)を表示します。

スプレッドはFX業者によって変動制か原則固定になると思います。
変動制の場合、各スプレッド値がどのくらいの割合で発生しているか気になるところです。
また、原則固定でもどのくらいの割合で固定値を維持しているかも気になります。

画面イメージ(赤色枠線部分)
320_SpreadListの画面イメージ
上記画面イメージは実際に外為ファイネストのデモ口座で2017年5月22日15時から1時間稼働させたときのものです。
その時のロジックはソース内にサンプルロジックとして残していますので参考にしてください。


導入方法(インストール)

ダウンロードしたZIPファイルを適当なフォルダに展開(解凍)後、通常のインジケーターと同様にMT4に導入してください。

  1. MT4のメニュー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする。
  2. エクスプローラーが表示されたら「MQL4」フォルダ内にある「Indicators」フォルダに当インジケーター「320_SpreadList.mq4」をコピーする。
  3. MT4のナビゲーターウィンドウで右クリックして「更新」をクリックする。またはMT4を再起動する。
  4. ナビゲーターウィンドウに当インジケーターが表示されたらチャートに挿入する。
  5. 必要に応じてパラメータを変更する。

補足:ZIPファイルはMT4用のトップページからダウンロードできます。


削除方法(アンインストール)

通常のインジケーターと同様にMT4から削除してください。

  1. チャートから当インジケーターを削除する。
  2. MT4のメニュー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする。
  3. エクスプローラーが表示されたら「MQL4」フォルダ→「Indicators」フォルダ内の「320_SpreadList.ex4」や「320_SpreadList.mq4」を削除する。
  4. MT4のナビゲーターウィンドウで右クリックして「更新」をクリックする。またはMT4を再起動する。

パラメータの説明

Custom Indicatorの「パラメーターの入力」の画面イメージ
「パラメーターの入力」の画面イメージ

補足1:「色の設定タブ」という記述について

以降の説明で「色の設定タブ」という記述がありますが、これはチャートのプロパティ画面のタブのことです。 Custom Indicator画面の「色の設定タブ」ではありません。

プロパティ画面の画面イメージ

補足2:文字の大きさなどについて
文字の大きさやフォント、パラメータの既定値(インジケーターをチャートに挿入した時に予め設定される値)を変更したい場合はソースを直接修正してください。 ソースは利用許諾の範囲内で自由に改変してご使用いただけます。
文字の色(None=前景色と同じ色)
スプレッドを表示する際の文字の色を指定します。
「None」を指定すると色の設定タブにある「前景色」の色と同じ色になります。
背景の色(None=背景色と同じ色)
スプレッドを表示する際の文字の背景色を指定します。
「None」を指定すると色の設定タブにある「背景色」の色と同じ色になります。
パラメータ「背景塗りつぶし」が「true」の場合に有効です。
背景塗りつぶし
スプレッドを表示する際、文字の背景を塗りつぶすか指定します。
アンカーポイント
スプレッドを表示する際のチャート上の位置を指定します。
左上、中央、右上のいずれかから選択します。
アンカーポイントX座標調整
パラメータ「アンカーポイント」で指定された位置から表示位置を微調整したい場合に指定します。
プラスの値(1以上)の値を指定すると右側に、マイナスの値(-1以下)を指定すると左側に移動します。
指定する値はドット単位です。
アンカーポイントY座標調整
パラメータ「アンカーポイント」で指定された位置から表示位置を微調整したい場合に指定します。
プラスの値(1以上)の値を指定すると下側に、マイナスの値(-1以下)を指定すると上側に移動します。
指定する値はドット単位です。

注意事項

スプレッドの値や回数は当インジケーターが起動または再起動した直後から情報を収集し始めます。
そのため、チャートの時間足変更やインジケーターのパラメータ変更など、インジケーターが再起動するような操作を行った場合は情報がリセットされ最初から収集し直しとなります。
よって、一定期間の情報を収集したい場合はチャートに対して何も操作しないほうが良いと思います。
なお、チャートの大きさを変更したり、ズームイン・ズームアウト、チャートのプロパティ変更などではインジケーターは再起動しないようなので、その場合は情報はリセットされません。


更新履歴

日付 バージョン 内容
2017/05/24 1.00 初リリース