マウスカーソル位置の価格を表示するインジケーター「320_MousePositionPrice」


マウスカーソル位置の価格を表示します。ただそれだけです。(笑)
ついでに「L」キーを押すとマウスカーソル位置に水平線を表示するようにしました。もう一度押すと消えます。

MT5での動作確認済みです。拡張子を「mq4」から「mq5」に変更して使用してください。

画面イメージ(赤色枠線部分)※矢印と吹き出しは説明用です。表示されません。
320_MousePositionPriceの画面イメージ


導入方法(インストール)

ダウンロードしたZIPファイルを適当なフォルダに展開(解凍)後、通常のインジケーターと同様にMT4に導入してください。

  1. MT4のメニュー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする。
  2. エクスプローラーが表示されたら「MQL4」フォルダ内にある「Indicators」フォルダに当インジケーター「320_MousePositionPrice.mq4」をコピーする。
  3. MT4のナビゲーターウィンドウで右クリックして「更新」をクリックする。またはMT4を再起動する。
  4. ナビゲーターウィンドウに当インジケーターが表示されたらチャートに挿入する。
  5. 必要に応じてパラメーターを変更する。

補足:ZIPファイルはMT4用のトップページからダウンロードできます。

補足:MT5の場合は「MQL5」フォルダの「Indicators」フォルダにコピーしますが、その後、「更新」してもMT5を再起動しても自動的にコンパイルされない場合があるようです。その場合はMetaEditorで開いてからコンパイルしてください。


削除方法(アンインストール)

通常のインジケーターと同様にMT4から削除してください。

  1. チャートから当インジケーターを削除する。
  2. MT4のメニュー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする。
  3. エクスプローラーが表示されたら「MQL4」フォルダ→「Indicators」フォルダ内の「320_MousePositionPrice.ex4」や「320_MousePositionPrice.mq4」を削除する。
  4. MT4のナビゲーターウィンドウで右クリックして「更新」をクリックする。またはMT4を再起動する。

パラメーターの説明

Custom Indicatorの「パラメーターの入力」の画面イメージ
「パラメーターの入力」の画面イメージ

補足:「色の設定タブ」という記述について

以降の説明で「色の設定タブ」という記述がありますが、これはチャートのプロパティ画面のタブのことです。 Custom Indicator画面の「色の設定タブ」ではありません。

プロパティ画面の画面イメージ

文字の色(None=背景色と同じ色)

価格を表示する際の文字の色を指定します。
「None」を指定すると色の設定タブにある「背景色」の色と同じ色になります。

背景の色(None=前景色と同じ色)

価格を表示する際の文字の背景色を指定します。
「None」を指定すると色の設定タブにある「前景色」の色と同じ色になります。
パラメーター「背景塗りつぶし」が「true」の場合に有効です。

背景塗りつぶし

価格を表示する際、文字の背景を塗りつぶすか指定します。

文字の大きさ

価格を表示する際の文字の大きさを指定します。
「0:表示しない」を指定すると価格は表示されなくなります。

表示位置

価格を表示する際のチャート上の位置を指定します。
左側、中央、右側のいずれかから選択します。

X座標調整

パラメーター「表示位置」で指定された位置から表示位置を微調整したい場合に指定します。
プラスの値(1以上)の値を指定すると右側に、マイナスの値(-1以下)を指定すると左側に移動します。
指定する値はドット単位です。

Y座標調整

パラメーター「表示位置」で指定された位置から表示位置を微調整したい場合に指定します。
プラスの値(1以上)の値を指定すると下側に、マイナスの値(-1以下)を指定すると上側に移動します。
指定する値はドット単位です。

線の色(None=BIDorグリッドと同じ色)

水平線の線の色を指定します。
「None」を指定すると色の設定タブにある「グリッド」(MT5の場合は「BIDライン」)の色と同じ色になります。

線の種類

水平線の線の種類(実線や点線など)を指定します。
ただし、線の太さが「1:極細」でない場合は常に「実線」になるようです。

線の太さ

水平線の線の太さを指定します。
「0:無し」を指定すると「L」キーを押しても水平線は表示されません。


更新履歴

リリース日 バージョン 内容
2019/03/10 1.00 初リリース